部位により使い分ける

脱毛は部位による使い分けというのも可能です。脱毛方法によって使用する機械も違ってきますが、例えば同じ光脱毛でも、使用する機械が違うと、対応できる部位は変わってきます。

メラニン色素に反応するという特殊な光を使用しますが、毛が細くメラニン色素が少ない「うぶ毛」にはきちんと反応しない事がありました。逆にアンダーヘアのように、濃くしっかりとした毛には良く反応するので、高い脱毛効果が期待できますが、機械の性能も仕上がりに影響してきます。

最初から最新のマシンを導入しているエステサロンを探せばいいのですが、見つからない場合や、対応していない部位の脱毛をしたい場合は、エステサロンを使い分けるという事もできます。

使い分けの場合は部位ごとに別の場所に通う事になるので、一見とても面倒に思えますが、予約が取れれば効率良く脱毛できます。顔から足まで全身脱毛をすれば手っ取り早いと思いますが、全身脱毛と行っても対応部位は異なるので、対応していないところは他のエステサロンで同時進行していけば、理想通りの全身脱毛が可能となります。ほぼ全身を医療脱毛にして、VIOラインのようなデリケートで痛みが強くなりやすいところだけ光脱毛にするという事もできます。